ブログトップ

詩客 ~僕の詩一つ、地球に殴り書き~

kzo10.exblog.jp

おいかけっこ



その言葉で僕は
僕を耕していく

僕の中に眠り潜む
何かを探して二十数年
やっと掴みかけたもの
まだ届いていないこと

僕の中にいる思ってもみなかった僕

そいつらに連れられて
僕は詩を書き殴る

底なしの僕と
止まらない地球と
果てしない宇宙の膨張

どれも違うけど
どれも同じ
何かを持っている

壊すことの出来ない時間という流れの中
僕と地球と宇宙は
同時においかけっこを始める
[PR]
by kzo10. | 2005-01-05 00:52 | 詩 - 詩を綴ります -
<< 世界中の思い出 夢 >>