ブログトップ

詩客 ~僕の詩一つ、地球に殴り書き~

kzo10.exblog.jp

世界中の思い出


いつの間にか着いた洋館
カチカチと動き出す古時計

僕の何倍も生きている本に
ふんわり挟まって昼寝をする

太陽が何度も起こしに来るけど
僕は毎回タヌキ寝入りする

本に包まったまま
僕はいつでもどこにいても
世界中の思い出を旅していく


思い出
[PR]
by kzo10. | 2005-01-08 12:23 | コラボレー詩☆
<< 空気の重み おいかけっこ >>