ブログトップ

詩客 ~僕の詩一つ、地球に殴り書き~

kzo10.exblog.jp

新風舎へ行く! ~2005.3.13~


第23回新風舎出版大賞に応募して半年、遂に担当編集者にお会い出来ることとなりました。

が!大変な事件が起こってしまいました!
過去に自分自身、例の無い大遅刻大寝坊を敢行してしまいました・・・。

約束は青山にある熱風書房の2Fに12:00~13:00。

そして昨晩何だかんだで結局初校の校正を午前3時まで行い10時に目覚ましをセット。

その少し前、花粉症の薬を飲む。
これ!
これがいけなかったです・・・。

眠気をだいぶ誘うことはわかっていたのに・・・。

しかも9:55に目覚まし消して二度寝に入り、起きたのが1:15頃だったらしい。
ここでアナログの目覚ましをお持ちの方は左横向きに時計を寝かせてみて下さい。

ほらそこはまだ10時の世界♪

・・・なんてのは言い訳です。すみません。

しかもその事実に気が付いたのがシャワーを浴び、着替え、荷物をチェックし家を出て、妙蓮寺駅に着いて改札をパスネットで通り抜け、さて渋谷行きは何時・・・



・・・・・・



んんんんんんんんんんっ!



各停 13:49 渋谷行き



・・・・・・


とりあえずパチクリ。


えっえっえっ、なんてなんて?
13?13じゃなくて10でしょ10・・・。


とりあえず頭真っ白になりながら改札を通り、前日に確認の電話をした時に着信された担当編集者Nさんの携帯にお電話してみる。

すぐに出てくれたNさんに事情を話し、15時からということで打ち合わせを持ってもらうことに・・・。
電話を切ってドーンと落ち込む。最近1年くらいは8:30出社の会社にさえ遅刻はなかったのに・・・。
何故こんな時に・・・。

といっても電車は各停から特急に変わるわけではなく、菊名で急行に乗り換えるのがやっと。

10分、15分の遅刻ではなく約束の時間を通り越した大遅刻。
それを何か事故にあわれたのではないかと心配してくださり、すぐ15時からの打ち合わせ時間を設定してくれたNさんの優しさに大感謝しながら少しでも早く着こうと先頭車両に歩くのでした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


という難事を乗り越え(自ら招いた・・・)銀座線外苑前で降り、新風舎熱風書房に到着する。

意外と早く着き、2時半過ぎくらいにお電話するとすぐ来てくれるという話。

これまで住所間違いで原稿の到着が遅れてしまったり、打ち合わせ当日は自分の大遅刻と何故かすれ違いを繰り返させられた感のある状況の中、やっと自身初の詩集出版を共に進めてくれる方にお会いする。

しかも多分自分とあまり年齢は変わらないであろうチャーミング(死語かな?)な女性でびっくり!
(さすがに初対面で幾つ?とは聞けなかった)

とある今は無き(潰れました・・・)専門学校のマスコミ文芸科なるものが最終学歴な自分にとって出版編集者というのは憧れな職業なわけです。その人とこうして自分の詩集の打ち合わせをする。勝手に感動なのです!

というわけで即座に打ち合わせに入り、作品の詩作時期、掲載作品の縮小による作品テーマの深化、表紙等のイメージなどなどを打ち合わせました。その中で様々作品についての印象、感想を言ってくれてとても新鮮。また作品制作の裏話的なことも様々話しながらこうしたいああしたいというお互いの意見を言い合うことも出来ました!

なかには200作品以上の出版を手がけている人もいるという新風舎編集陣の中でNさんは10作品前後というお話。
個人的には大変フレッシュな編集者さんでよかったです。
こういうと失礼かもしれないけど一緒に頑張るって感じで進めていけそうです。

今回の打ち合わせで一つ勉強になったのが本の発行日。
基本的には取り次ぎの締めの関係で5、15、25日だそうです。
(5の倍数といっていたので10、20、30も入るのかも)
記念発行日みたいなことは出来るらしいですが、大半はそうなっているみたいなのでちょっと気にしてみたら新しい発見があるかもです。

今のところの予定では遅くても8月25日あたりに出版出来るかなと思われます。
是非お楽しみに!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


約一時間の打ち合わせを終了し、ちこっと熱風書房に寄ってから新風舎を後にする。

前回は渋谷からここまで徒歩で往復したので今回も折角なのでちょっと探検♪してみました。
すぐに出てきたのが秩父宮ラクビー場。最近知り合った人がラクビー初観戦したらしい話を聞いていたので「ここか~」と眺めていました。ちなみにこの日も大学ラクビーの試合があったみたいです。

少し行くと懐かしの神宮球場に到着!ここは小田原でヤクルト配達をしている親戚の方にチケットをもらい小学生の頃何度かプロ野球観戦した思い出の地。初観戦で現役メジャーリーガー?だった赤鬼ホーナーの来日初ホーマーを見たというのが印象に残っています。十数年も前の記憶なので混在してる部分もあるかもしれませんが・・・。
当時のヤクルトは関根潤三監督時代でかなり弱小でしたが何度か観てるうちに情は移るもので巨人ファンだった小学生の私はだんだんとヤクルトファンになるのでした。当時のヤクルトのエースは尾花投手。懐かしいな~。
この後野村監督になり、古田選手が入団し、ヤクルトファンとしてはとてもいい時代を過ごせました。弱い時代から好きでそれが段々強くなり、頂点を極める。ほんと夢と感動をもらえた次第です。

さらに行くと国立競技場に到着!
そういえば未だにここでサッカーの試合を観た事がなく入ったことがありません・・・。
いつかここでサッカー観たいなと門を見上げてました。
日産スタジアム(横浜国際競技場)と三ツ沢球技場でしかサッカー見たことないのです。
(ようはFマリノスの試合だけ)

そのまま国立競技場青山門から信濃町に向かうのでした。
次は全会場にそれぞれのゲームを観に来たいなと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


帰りは渋谷で途中下車し、弟が働く某餃子屋さんで遅い朝昼晩飯をまとめて取るのでした。
餃子作って頑張って働いてる弟の背中を見ながら食べる餃子定食。
勤務中だから話しかけられないけど頑張ってる姿が見れて自分もまた頑張ろうと思えました。

急に東京一人暮らしを始めることになった次男の弟(ブログやってるのは三男の弟)ですが、体力勝負の店舗でなんとかやっていけてるようなので一安心。彼の住む下町の四畳半アパート、酒でも持っていつか訪ねてみたいと思います。




それにしても世紀の大遅刻!
Nさん、申し訳ないです!!


驚愕と焦燥と反省と新鮮と感謝と感動の入り混じる一日でした。
最後は大口で大先輩方と日付変わるまで飲んでるし!


いろいろあったけどいろんな人に会って元気もらえた一日でした。


 
b0032062_331285.jpg

[PR]
by kzo10. | 2005-03-14 01:50 | 日 - 日々の出来事 -
<< スキンチェンジ! 2005.3.18 地球代表 >>