ブログトップ

詩客 ~僕の詩一つ、地球に殴り書き~

kzo10.exblog.jp

「そら」 - タテタカコ

映画「誰も知らない」のことはTVで見てどこか気になってはいた。
でもそれまで1年近く映画館に足を運んでいなかった私には縁の無いものだと思っていた。

・・・がそれは違った。
ある日の昼休み。
横浜駅近く岡田屋モアーズ・タワーレコードに立ち寄った。
いつものように試聴しているとどこかで見た写真が目に映る。
(あ、映画のか)
何の気なしにかけた1曲目の「夕立」。

数十秒後、なぜか必死で涙をこらえている自分がいた。
(やばかった。カウンターに近い場所で店員にもお客にもかなり目につくし。)

自分でも訳がわからなかった。
2曲目の宝石もいい曲なのだが、この時は夕立のインパクトが強すぎた。

のちに実際に映画「誰も知らない」を観るにいたり、宝石は映像とともに今も心が揺さぶられる曲となっている。



  だれもよせつけられない
  異臭を放った宝石



それは是枝監督の視点でもなく、
柳楽優弥くんの演技でもなく、
タテタカコさんの歌声でもなく、
その詩と音と映像によって感応した
一人ひとりの心の揺らめきかもしれない。
[PR]
by kzo10. | 2004-10-02 23:00 | 和 - 様々な文です -
<< 階段 たまにはリラックマしてみませんか? >>