ブログトップ

詩客 ~僕の詩一つ、地球に殴り書き~

kzo10.exblog.jp

みずいらず


くもがそらをまっぷたつ
みずがじめんをななめぎり
しくしくしくしくななめぎり

かさをさしてあるいても
くつからみずがとびだした
なんだかすごくたのしくなって
とびだすみずをおいかけた

すってんころんだぼくのめに
しくしくみずがとびだした
どんどんないたらはなからも
じゅるっぽちゃんととびだした
さいごはちっちゃなおちんちんから
あったかみずがとびだした

ゆげがたつこうえんで
おなじくゆげがたっている
ちちのあたまはふっとうちゅう
ぼくがきゃっきゃっとにげだすと
こっのお~とわらっておいかける

かさもわすれておいかけっこ
ぱんつもわすれておいかけっこ
おうちめがけておいかけっこ
かえるとははにおこられちゃった

ふたりはそらにわらわれて
いつのまにかにはれたそら

ちちとほしをかぞえてあるき
かさとぱんつをひろいにいった

ぐーとなったふたりのおなか
こんどはほしにわらわれちゃった
[PR]
by kzo10. | 2004-10-30 23:33 | 詩 - 詩を綴ります -
<< 胸ポケット 青春って奴 >>