ブログトップ

詩客 ~僕の詩一つ、地球に殴り書き~

kzo10.exblog.jp

<   2005年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

はっきりいって


どちらかといえば
要領の悪い方
どちらかといえば
気が利かない鈍感な方
どちらかといえば
不器用で何しても格好つかない方
どちらかといえば
怒りや苦しみの感情は無理やり抑える方
どちらかといえば
いろいろやり過ぎてパンクしちゃう方

失敗だらけだったり
苦しみだらけだったりするけど

下は向かない
後ろも見ない

一気に飛んでこうとも思わないし
もう降りたいとも思わない

泣こうがわめこうが
己が人生

俺はガハハと
どこまでもこいつを笑い飛ばしてやろうと思う

変われ

弱っちい俺

立て

これからだろ

まだまだこれから
まだこれから

何が起きるか起こせるか

やってみないと面白くねえ

行って見ねえと気がすまねえ

じゃ
いくか

ああ
いこう
[PR]
by kzo10. | 2005-04-30 18:18 | 詩 - 詩を綴ります -

人心


金切り声をあげ
鉄の塊がすぐ脇を通り抜ける

日々
この声に人が誘われてしまう
そんな時代

呆気ないのは
戦争と変わらない

このホームの向こう側に
望む未来があるとは思えない

それでも人は
毎日電車に跳び
命を絶とうとする

それでも俺は
毎日電車に乗り
命を預けている

電車に決められた命は
行き場を無くしてしまうから
心の行き先を
俺は一人
決めることにした



2004.7.28 作


まだ電車通勤をしていた頃の詩。
JR福知山線脱線事故犠牲者のご冥福を祈りつつ、ここに記す。
[PR]
by kzo10. | 2005-04-28 01:41 | 詩 - 詩を綴ります -

つくしんぼ兄弟

・・・

・・・

なあ兄ちゃんさ

ん?

何で鯉飛んでんの?

ありゃ泳いでんだよ

え?空って泳げんの

そりゃ泳げるさ

でも波無いじゃん

風が吹いてるし雲だって浮いてる

あそっか浮けるなら泳げるか

んん

それでさ

ん?

何で家族で飛んでんの?

そりゃみんなで飛ばなきゃ楽しくないだろ

・・・

まだ子供が小さいんだよ

大きくなったら一緒に飛ばないの?

恋をして違う家族が出来て鯉はまたそこで飛ぶんだ

・・・全然うまくないよ

うるさいな~もう答えない

ごめんごめん

・・・

僕たちさ

・・・

どこまで伸びるかな

・・・

ねえ?

・・・

ねえってば

・・・どこまででも



どこまででも伸びるよ

え?

太陽が昇って大地が元気ならどこまででもだ

どこまででも!?

そうどこまででも

・・・そっかどこまででもか~

どこまででもだ

・・・

・・・

ぽかぽかあったかいね

風も気持ちいな

なんか眠くなってきちゃった

んん

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・





旅写真 *冬から春へ*
[PR]
by kzo10. | 2005-04-27 00:03 | コラボレー詩☆

から


なんかちょっと
からっぽになってみた
いきをすってはくだけの
すっからからっぽになってみた

でもねめからは
ぽろぽろこぼれる
こころのおがわ
さらりらながれる

やっぱからっぽにできないや
なかったことにはできないや

ならね
ぜんぶつんでこう
はいるだけぜんぶつめこんで
つぎのほしまでもってこう
いつかまたきみとはおなじくうきをすうから
もうからっぽになろうなんて
ぼくはおもわないことにした
[PR]
by kzo10. | 2005-04-26 01:55 | 詩 - 詩を綴ります -

勇気作り



君からの言葉は
一つ一つ
いろんな僕を壊したり
いろんな僕を作ったり
激しく動かしてくれる

まだまだな僕を気づかせてくれる
もっと頑張ろうと思わせてくれる

時には直接話したり
電話したりメールしたり
手紙を書いてみたり

いろんな言葉を紡ぎながら
僕は今日も勇気作りをしよう

ただひたむきに
誠実にをモットーにして


産まれた希望の子から
先程眠った老父母にまで
そして
巡り会えた友全てに伝わる
勇気作りを僕はしよう

いつか絶対
この地球を包む

飛び出してしまうくらいの
でっかい勇気作り
していきたい

そう
今がその始まりの時

僕は今日も勇気作りをしよう
[PR]
by kzo10. | 2005-04-25 01:11 | 詩 - 詩を綴ります -

一勝九十九敗


一勝九十九敗の俺は
あまりにも人生を楽しんだ

だれやかれやに笑われながら
なにしてやがんだかと嘲られながら

目一杯楽しんでやった
おもっきり全力疾走してやった
息切らせてつっぱしってやった

俺と一緒に来い
百戦錬磨ってやつを教えてやる


九十九敗が生んだ
俺の一勝

苦渋を舐めた
俺の一生

ざまあみろ
俺はここで俺を罵る

いつか死ぬ俺は



生きてる
[PR]
by kzo10. | 2005-04-25 00:29 | 詩 - 詩を綴ります -

4月24日(日)今日の歌詩!今の気持ち。

「サンキュー」 by GOING UNDER GROUND


今、僕を歩かせたいつも言えなかった「サンキュー」

誰かのために願い走る事で少しずつ優しくなった声
道に迷う事もあるけどつながっていたいんだ
誰かのために願い走る人に 誰かのために願い生きる人に
すり減らした靴の分だけ消えない名前を
泣きたいときに泣ける強さが
どこかでかならず僕らを守りつなげる

                             by松本素生


More
[PR]
by kzo10. | 2005-04-24 23:25 | 和 - 様々な文です -

桜の絨毯


桜咲く
咲く桜
桜散る
散る桜

玄関先に寝そべる花びら

公園の脇
敷き詰められたピンクの絨毯

君がさっき見た桜を
僕はまた一人見上げる

君の髪や肩にかかる桜の花びらを
取ってあげられる距離にいなくて
そんな空気にも今はまだなくて

ただそのことが
また僕をここに連れ戻す

息が詰まる程の儚さと美しさを
夜桜は見せつける

僕は固まったまま
ただただ
吹雪く桜の舞いを眺めていた
[PR]
by kzo10. | 2005-04-16 08:55 | 詩 - 詩を綴ります -

財産と呼べるもの



今しか出来ないこと
僕らはしている

どこにも戻らない旅
僕らはしている

見えて来る夜明けを
君と共に見渡すことができるかどうかは
一つだけ持っているこの宝石を
どこまで磨けるかどうかにかかっている

財産と呼べるものは
この心臓の高鳴り一つ

陽が昇る

情熱が細胞を満たし
僕は太陽にそっと手を伸ばす

その熱さで
体は透きとおり
また何度でも生まれ変わる

この胸にある一粒の宝石
その純度と硬度を僕は強く深めていこう
[PR]
by kzo10. | 2005-04-13 13:24 | 詩 - 詩を綴ります -

新書籍空間☆熱風書房  2005.4.10


b0032062_2123697.jpg
昼から音楽ブログやってる弟とJ1リーグ・横浜Fマリノス×ヴィッセル神戸を観戦に行く。
先週は一人だったので今回は2人。
やっぱり試合中あーだこーだいいながらの観戦もいいもんです。

試合はアン・ジョンファンの憎らしいほどためてためてゴールで先制!
(ペナルティエリアに入ってからも5秒はドリブル)

後半は一人少ない相手に自由に攻撃!
かなりのポゼッションとチャンス!
にもかかわらずゴールなし・・・。

そしてロスタイムのセットプレーを決められドロー。
サッカーとはこういうもんですね。
遠征帰りの疲れか・・・。
まだまだチーム力上げないとです。
続く連戦。何でもいいから優勝争いを最後まで続けられるようにもってって欲しいです!



というわけで日産スタジアムを後にして渋谷へ向かう。



向かうは一路、南青山。
銀座線外苑前駅で降りて熱風書房へ。
実はホームページで白いスペースが増えたことを知りいてもたってもいられませんでした。

いつも感じることだけどホントここに来ると癒されると共に創作意欲は沸き立たせられます。
一ヶ月に一回は創造欲を充電に来ないとな~。


そんなこんなで帰りはやっぱり渋谷の餃子の王将で夕飯を食べる。
(あ、言っちゃった。まいっか宣伝しといてやろー)

弟くんは今回、唐揚げ担当でした。
ちなみに冊子読みながら待っていたら「お客様」と声をかけられる。
「あっ、すいません」と言ってお盆を受け取ると弟だった。
やっぱり話しかけられなかったけど元気そうでなによりでした。
それにしてもここはいつも満員御礼な店舗です。
地元の大口店はここまでではないな~。
[PR]
by kzo10. | 2005-04-10 23:59 | 日 - 日々の出来事 -