ブログトップ

詩客 ~僕の詩一つ、地球に殴り書き~

kzo10.exblog.jp

<   2005年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

神奈川図書館に行く!

図書館に本を返し&借りに行く。
また取りとめもなく思うがままにまかせて借りる。

・子どもたちは夜と遊ぶ(上)  辻村深月
・子どもたちは夜と遊ぶ(下)  辻村深月
・地球から来た男          星新一
・R.P.G.            宮部みゆき
・阿修羅ガール          舞城王太郎
・水曜日の魔女          ルース・チュウ


以上6冊。
2週間で読み切るかな・・・。
借りるところで順番待ちしていると前に並んでいた50歳前後くらいのご婦人にお声をかけられる。

「へぇ、2週間でそんなに読めるの?すごいわねえ」
「はあ、まあ・・・」
(突然始まった会話に戸惑う私)
大学生?娘も同じくらいなんだけど夜中にならないと帰って来ないわよ」
「!?」
(だ、大学生!6月6日で28歳なんですが・・・。一応社会人7年目なんすが・・・。まいっか。)

大学生ではない事を否定する間もなく借りる順番がご婦人になる。
それにしても読書好きなお母さんということなのでしょう。
大学生の娘がいるものの本を読んでいる姿を見た事がないのを憂いていらっしゃるのだろか?
親子で書について語るのが夢なのでしょうね。

帰り際チャリに乗り込もうとするとまたご婦人に会う。

「今日は出掛けだから私は3冊しか借りなかったの。2週間で読むの凄いわねえ」
「いや~、読み切らなくて2週間を延長してしまうのは常習犯ですよ~」
「へえ、そうなの」
「でもはまると止まらないときもありますね。一冊3時間ぶっ続けで読む時もあります」
「なるほどね~、気をつけて帰ってね」
「はい、どうもです」
(チャリで坂を走り去る私)

ご近所に住むであろう見知らぬご婦人との突然の読書仲間トーク。
なんかいい気分。(大学生扱いも含む)
[PR]
by kzo10. | 2005-05-25 23:57 | 日 - 日々の出来事 -

ゆずの聖地?

b0032062_0112514.jpg


ふとこんな場所を見つけました。
全然知らんかった・・・。
ゆずファンの間では当たり前のことなのでしょーか?

そういえば7月に初ゆずに行く予定。(日産スタジアム)
弟がチケット取ってくれました。

マリノス対ユベントスも観たいな~。
デルピエロそのままトリコロール着ないかな~。

F1。
昨日のモナコGP見逃した・・・。
なんか録画出来てへんかった・・・。
オーバーテイクもあったみたいで面白そうだったのに。
琢磨でれんかったし、シュー兄もまだまだだからまいっかー。

ちなみにサッカーも見逃した。
しかも負けたなんて。
俊輔もぶっつけっぽいし大丈夫かな~。
てかフィオレンティーナマジ落ちしそうやんけ~。
[PR]
by kzo10. | 2005-05-24 00:14 | 日 - 日々の出来事 -

めっちゃ


正面から歩いて来た人が
思い出し笑いなのか
一人でめっちゃニヤニヤ

すれ違い際その笑顔に気付いてしまい
つられて私もめっちゃニヤニヤ

そのあとその私を見て
また次の人もめっちゃニヤニヤ

こうして思い出し笑いの輪唱が街中に拡がった

それを見ていた老猫が
あきれてニャーニャー
(人間て…)

笑顔ってなんかうつるわけです

平日の午後
平和な街の楽しい伝染病

COOLな猫には理解出来ないちょっとした事件
[PR]
by kzo10. | 2005-05-21 01:20 | 詩 - 詩を綴ります -

新風舎へ行く!20050518

b0032062_23545061.jpg

主にカバーデザイン編

日曜仕事出たので久々の休み。
夕方まで掃除洗濯に費やす。
BGMは全力少年、スワロー、春の歌、 Wanna Go To A Place...、Ta-lila。
家事全般を一応終え、青山に向かう。



今回も時間があったので渋谷駅から歩く。
途中表参道を歩いているとジュエリー営業の方に声をかけられる。
アルコフェリーチェというお店らしい。
フォーミュラジャパンやF3のスポンサーもやっているらしく
フォーミュラ好きとしてはそっちの話に興味を持つ。
琢磨、モナコやっぱ出れないんだよな~。
「彼女が出来たら行きます。」という一言とともにその場をあとにする。
いつになることやら~。
私もいつかは買うんだろか?
結婚指輪なるもの。
それにしても給料三ヶ月分て今の時代めちゃめちゃ個人差でかい気がするけど大丈夫なんだろか?



南青山熱風書房に到着。
今回は遅刻もなし。渋谷から歩くとやっぱり30分くらいでした。

詩集出版の担当編集のあきこさんと二回目の打ち合わせ。
今回は原稿の最終確認とブックカバーデザインについていろいろ話を進める。

一応デザイナーをやってるわけですが専門が折込チラシデザインなのでブックデザインとはどんな感じで進むんだろと楽しみにしていました。
ブックデザインを担当してくれている西村さん。
基本は編集者仲介でことが進むので直接会う機会はありませんが、いつかなんらかのご挨拶はしたいなと思います。フリーの方ということなのでホームページとか持ってる方だと交流できるんですがね~。

ブルーでシンプルという要望通りで、なるほど~な感じでした。
完成品は見てのお楽しみに!

詩集の仕様は手軽に持ち運んで読んでもらいたいので並製にしてもらいました。
あきこさんには書店に置かれた時に薄くなるのでそういう点はあることをご考慮をと言っていただく。なるほどです。いろんな視点で出版を考えようと改めて考えさせられました。
『鞄に一冊、どこでも詩集を。』をコンセプトにしていきたいと思います。

奥付の自己紹介コピーと帯コピーを今月中締め切りで提出予定。頑張ろっと。

新風舎さんの営業力を頼るものの、基本は初版300部全て手売りを目標に頑張ろうと決意!
ご覧の方、是非ご協力お願い致します!
まずはいいもの作らないとね。
早ければ熱風書房直販と新風舎ネット販売は7月中で始まるかもしれない感じです。

出版イベント何かやりたいな~。

構想は浮かんでは消えなかなか決まらないですがなんかしたいです。

そういえば打ち合わせ前に1Fの書店スペースに行く。
店頭にいらっしゃった広報担当のまゆみさんと名刺交換(私が出したのは毎度お馴染み詩客カード)をして、個人フリーペーパー発行設置についてお話を聞く。
青山なので場所柄、絵画や写真のギャラリー個展DMなどが多いらしいです。
新たな分野であるフリーペーパー作り!挑戦&配布設置です!



打ち合わせ終了後、渋谷と言えば餃子の王将ということで店前をうろつく。
(怪しいやつ・・・)
今日は弟くんは休みだったようで顔は見れなかった。
今回は友達と飲みに行く約束の待ち合わせ場所として利用させてもらう。
ハチ公前より全然わかりやすいので是非隠れ待ち合わせ場所にどうぞ!
「渋谷ハチ公前から見える原宿方面山の手線ガードレール下王将前」
・・・色気ないけど来ればすぐわかります。回りに人少ないので・・・。



友人ともさんのご紹介でbobby's cafeというアンティークな雰囲気のお店で飲む。
今日は珍しく生中から入らず甘系な感じで飲む。

ちょっと違うけどディズニーな雰囲気の店内を田舎もん状態でぐるぐる見渡す。
いろんな個室の壁や店のところどころにいろいろなアンティーク。
いるだけで楽しくなります。

話は近くのどでかいハイヒールのことから演劇について等、多岐に渡りあっという間でした。

それにしてもbobby's cafe。接客かなり力入ってます。
この雰囲気ならも少し落ち着いた感じでやってもよいと思いますが。
田舎もんゆえ過剰な丁寧さにはなんかかえって気を使ってしまうとです・・・。

結婚式の2次会としての利用があったのかちょっとフォーマルチックな女性が多かったです。
さらに驚いたのが普通にキャンペーンガールみたいな方が煙草吸ってる客の席を回り試供タバコを1箱置き歩いたりしていた。
さすが渋谷。
なんか変な光景だったけどきっとアリなのでしょう。
自由な空間、bobby's cafe。

ちなみにメインキャラクター?のイラストはぶたさんカップルなのですがボビコ(仮)のノーパンチラに驚くボビオ(仮)のイラストは意味がわかりません。笑えるけど・・・。



帰りは東横線急行に乗る。
今回は前回の失敗を思い出し、菊名でちゃんと各停に乗り換える。
一つ成長♪
[PR]
by kzo10. | 2005-05-18 23:59 | 日 - 日々の出来事 -

今のところ


私がこうして携帯で詩を打っている頃
夜空では月が雲に抱かれて眠る

私がこうして毛布を被り早く寝ようとする頃
風は街にゆっくり絡まって
朝までの静けさの中
恋人たちの寝顔を
密かに盗んでいく

経験しなければ作れない詩もあれば
経験しても描けない詩もあって

私は一人
ぽつんと地球で
まちぼうけ

繰り返す日常も
紡ぎ出す詩情も
全て現実で
全部繋がっている

ならこの青くて丸い劇場で
何の役を演じよう
どんな台詞を叫び語ろう

台詞覚えが悪くアドリブもきかない私

客席の見えない舞台に上がって
続けて来た手探りの一人芝居

今の私は
まだそんなところです
[PR]
by kzo10. | 2005-05-14 23:40 | 詩 - 詩を綴ります -

『この街から』


この街から



なかなか戻れない育った家

なかなか会えない
畑仕事をする父

なかなか味わえない
母の作る夕飯

優しいおばあちゃんは元気かな?

バイクと車で飛び回る弟
同じく遅くまで帰らない妹の車
だいたい置いてあるのは父の軽ワゴン

東京に住む弟は元気だろか
横浜にいる俺は頑張れてっかな…

深夜のみなとみらいをバックに
俺はチャリを漕ぎながら
今好きな歌を
声裏返して熱唱する

行き交うタクシーと
工事のおっちゃん達には気を使いながら
七島の交差点を左に折れると
ひっそりとした商店街がじっと見つめてくる

まだまだ俺はよそもんのかな?

ロケット公園を見ながら
スピードを上げる
坂の上の小学校が見えれば
もうすぐ俺の寝城

まだ一年もいないけど
この景色を俺は一生忘れないだろう

この街で踏み出した夢の一歩
二歩三歩と進めていきたい



2005.4.25

携帯でいただいた感想
[PR]
by kzo10. | 2005-05-09 00:30 | 詩 - 詩を綴ります -

ひとつ


この命は
一つ

ゲームのように
二つも三つも無い

その一つの命
どう感じてどう定めてどう使っていこう

自然でいたいって人がいた
何故こんなことにって人がいた
何がしたいんだろうって人がいた
どうしようもなく涙を流す人がいた

その人っていうのは
全部自分の中にいる
私は人だ
人という命だ
それに間違いは無い
なのにまだ
その不思議さに
その凄さに
自覚無きまま生きてる

今いること
それは
それだけでとてつもなく凄いこと

でもそれだけじゃ
なかなかお腹一杯にならなくて
またあなたに命は動かされる

私は私を止められない
[PR]
by kzo10. | 2005-05-08 08:30 | 詩 - 詩を綴ります -

三卓(択)な感想? 2005.5.4


食卓縁第三回公演
 『拝啓、お久しぶりです。お元気ですか?』
 作・演出 okame.
 2005.5.4~5.5
  4日(水)14:00/19:00
  5日(木)13:00/18:00
会場
 横浜STスポット


4月の頭に新宿で観た芝居ははっきりいって伏線とコントをつなぎ合わせたわけわからん芝居!であった。
(めっさ笑ったけど・・・、中身があったかと言われれば・・・)

そして今回はというと・・・。
いつシャッターが切られるかわからないホラーでバイオレンス?なセルフタイマー機能付き芝居!であった。
(作者の意図した作品自体によるトラウマ作りはそういう意味では成功でしょう。頭痛が痛いでしたから・・・)

この日川崎から来てくれた友人は小劇場観劇初心者。
芝居は学芸会でしか観たことないという人。
私めは見事に二重のトラウマにはまったでございます。

しか~し!
横浜の褒め殺し劇評家(自称)として名高い(自賛)シアターアプルカズオ(※)としてはここで引くわけにはいかず筆をとった次第です。

※シアターアプルは新宿コマ劇場の地下にある劇場。
 当時学生だった私はここでキャラメルボックスの芝居を観まくった。
 (上川隆也さんが大地の子で有名になる前まで)
 観劇の原点たる聖地?


場所は精神科の病院。(だよね?)
その精神科の女性医師と看護士。
手紙好きな先生のわかったようなわからないようなテキトーな問診が繰り返される。
それぞれ精神的に病んでいるらしい人たち。
(ちっと多かったかな。あと2.3人絞ってその分濃くして欲しかったかも)

人によっちゃ何故それがっていう行列に並べない病とかそのシリーズで全員来たほうがなんか身近だったかも。
目がめっちゃいいのにコンタクトのチラシをどうしても受け取ってしまうんです病とか。
(例です・・・)

それにしても鶴田真由似なあの先生の演技。
トラウマとともに強烈な印象を焼き付けられました。
常に目と口元が半笑いのまま淡々と続けられる演技。
魔性です。こんな感覚ははじめてかも・・・。
恐ろしい程近くで観てるわけですし。
どうにも整理つかなくて夜の回を観たという友人と約一時間電話して出た結論が催眠です。
他の役者も観客もスタッフも全て彼女による催眠術に問診シーンから徐々にかかっていったのです。
これで全て解決!
誰も本当の結末はわからないわけです。
催眠が解けた瞬間、銃撃シーンですから。
しかも画期的なオペレーションルームからの手と銃と口でバンッ!ですから。
(あの手タレさんは出演者には数えないのだろうか・・・。台詞もあるし?)


ああいう全てわかっていながらもったいぶった感じの演技をされるとこの役者さんの違う舞台での違う役の演技が観たくて仕方なくなります。そういう意味では客演された方の中では一番成功している役者さんかも?

幾度と無く患者に手紙を渡す先生。
あのお茶会のあと次は何に誘おうというのか・・・。
(たぶん魚民で二次会です。)


とここで一気に話を戻してと。


きままなれんきちのお部屋。

さがぶに客演なさったれんきちさんのホームページが食卓縁との出会いなわけです。
3/20当時、私は感想を書くべくさがぶのホームページを探した。
※綺神ワルキューレ(相模舞台同盟)
が諸事情によりなかった。
というわけでなんやかんやあってさがぶ提携?姉妹?劇団の雑貨屋まんぼうさんのところに行き、れんきちさんの日記を発見し現在に至るというわけです。

私めが移り住んだ横浜を中心に活動する劇団いろいろ観たいなというニーズにばっちりはまった最初の劇団ということなのです。

れんきちさん演じるトモサカチエは途中何役か違う人格が出てくる多重人格役。
(きっとれんきちさんの目玉にはバーコードのような痣が・・・)※サイコ参照
役者的には変化に富んでいてやりがいある感じだったのでは無いでしょうか。
殺陣的なものもあり、感情むき出しシーンあり。
歌姫と並んでとても良いアクセントになっていたと思います。
なんせ問診とお茶会の2シーンだけみたいなもんですからね~。

さがぶの時は一度観たことのある相方の天然本部長にどうしても目がいってしまい印象度が薄かったですが、今回は間近だったのでいろいろわかりました。
ナイキのシューズ履いてるとか。
(だけかいっ!)
ナイキもいいけどアディダスもおすすめです。(なんの話だ・・・)

撃たれた時の台詞かぶせにゃ驚きました。も一回反対側でも観なきゃてこと?
そういえば客入り口側だったので最後の最後ではじめて笛吹き役の姿を観た。
1トラウマ入った瞬間です。

トモサカ役4ステは心体ともにお疲れ様でした。
(妻役や笛吹き役、また歌姫役もある意味疲れるだろうけど)
さがぶの練習シーンが垣間見れて楽しんでいたれんちゃん日記に自分の名も載るたぁ思っておりませんでした。
ありがとうございます。

あと印象に残ったのは歌ですね。
あれはよかった!
オリジナルなんですよね?
劇中歌CDですと帰りに売ってれば買ってかえったです。
作る予定は無いのでしょうか?
webにMP3で置いてくれたりすると最高なのですが・・・。
切なる希望です。


ここまで引っ張りましたがこの作品の劇評?のまとめは三択です。
(食卓縁第3回公演だけに・・・)
観た方も、この劇評しか読んでない方も自由にお好きな解答をお選び下さい。
また違う解答も是非募集~。


①テーマ「必死」・・・必ず死ぬとかいて必死。
全ては歌姫の脳の中で進む物語。様々なプレッシャーにより精神的に病んでしまった歌姫は同性である精神科医に救いを求めるとともに恋に落ちる。病の上に病を重ねた彼女は歌とともに死ぬ。もう会うことのない先生を心の中で殺すとともに自らも死を選ぶ。ある日、死者から届いた手紙。医師としても想い人としても歌姫を救えなかった精神科医であるスギヤマミサオはこうして事件に巻き込まれていった・・・。

②テーマ「トラウマ」・・・表現に全て意味を求めるべき?苦悩もアートである。
一度も精神科の病院ともいってないし、人気歌手ともいってない。
存在し、声を発し、時を流す。それが舞台。演劇。表現。
なんなんだろ?どーしてなんだろ?
このトラウマ感覚をどこまで持ち続けられるかが観た人全てに対する挑戦かもしれない。
わからないと10回言うのは簡単だってこと。
でもこの挑戦、懐かしきファミコンゲーム「たけしの挑戦状」より難しい。
きっとスペランカー並に挫折するだろう・・・。

③テーマ「やりたかったことだった」・・・もっとシンプルにとにかく思うがままに。
 作・演出は神であり創造主なのです。
1.いい歌作って劇中歌わせたかった。
2.STという箱を円卓的に使いたかった。
3.客席にも照明をあて、より共有空間化を図りたかった。
4.笑いは一切取らないで単調さをラストで弾かせたかった。
5.オペレーションルームから手を出したかった。
6.強烈な何かを残したい。それが「なんじゃいこりゃ~!」「わから~ん」であっても。



う~ん、どれでしょ?
(どれでもなかったり・・・)
あと④で深谷さんの催眠術。
少なくとも一人はこれにかかってるかも。


とにかく4月、5月と連続で過去に例の無い演劇を観てしまった・・・。

そういえばラストは女性同士のなぜぜ?なキスシーンで終わったんだよな~。
あれマジキスやったですよね?
バンッのショックでそのこと忘れとった。
ふと思ったのはどMな性質を持った人なら非常にエクスタシー&ファンタジーを感じられる芝居かも。
(なんか変な方向にいきそうなのでこのくらいに・・・)


存在というものに対する根源的な問いにこうだとはっきり言えない時代。
今わからないのにわかったふうに書くのはイヤだとでもいうような作者の想いが漂う芝居でありました。
わからないをわからせてみる。
100%のその場限りの感動より0.01%の何か永続的に引っかかるものを残す。
(この文のニュアンスが伝わるかどうかさえ難しいけど)
そういうことでしょうか?

うな~~~、ふしゅる~~。
(あ壊れた)
[PR]
by kzo10. | 2005-05-06 23:06 | 日 - 日々の出来事 -

こちとら仕事じゃ!【2005.5.3】

G.W.にみなとみらいで一人ショッピング編

というわけで昨日今日と普通に仕事・・・。
さすがに今日は定時で上がれたので初代ハマカゼkzo仕様西大口スペシャル
(買って半年なのに何故かボロボロのチャリ)に乗り込み、一路みなとみらいへ。

実は最近小田原方面に住む友人がジャックモールのとある家電屋さんで働き始めたというので行ってみた。
本当にいてびっくり!デジカメプリントについて様々説明を受け、
写真まで一枚その場プリントしてもらったりした。
スーツでびしっと営業し凛々しく働いておりました。
通いで横浜は大変だろうけど頑張って下さ~い!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
                   

デオデオを後にし、ほぼ家族連れとカップルしかいないジャックモールを散策。
あ靴欲しいんだった。
てことでスポーツオーソリティーみなとみらい店。

ん?スポーツオーソリティー?

ここで大変重要なことを思い出し、横浜F・マリノスコーナーへ!

あ!あった!F・マリノスサポーターの為のフリーパーパー!
「ハマトラ」003~005を一気に各1部いただいてきました。
レモ茶さんのイラスト本当に載ってる!(当たり前だ)
いつか私もハマトラに寄稿出来たらな~。
F・マリノスの詩、また書こうかな。

サポーターソングなどもあって親切設計なフリペ。
今度ゴール裏デビューしてみよかな~。
(いつも側面からじっと全体を見渡しながらみるジックリ派)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ジャックモールを後にし、ランドマークタワー、クイーンズスクエアへ。
それにしてもランドマークの脇にチャリ止めるのって変な気分。
いい目印だけど・・・。

もう夕方なのでそれほどの人出ではなく、アディダスショップでTシャツ、ポロシャツ、スリッポン風味な靴をまとめて買う。
服買うのはサミット以来だな~。
ちなみにサミットで買うのは服というより靴下とかだけど。
それにしても一着約4000円てことはサミットだと無地Tシャツ10枚買える計算。
まあ若い頃着てたヒステリックグラマーとかならTシャツ一着10000円近いし、よしとするか。

アディダスショップの店員さんは非常にいい接客をしてくれました。
しばらくアディダリストになろかな~。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


その後クイーンズ内のゲーセンで久々にリラックマ狩り。
遂に番長を手に入れました!
こりゃ連休の無い私にピッタリな気分のリラックマ番長。

「俺について来い」
そうつぶやいて番長は夕日に向かって叫ぶかと思いきや一眠り。

青春!

それは学ランに白い鞄、そして口に葉っぱ。(ほんとか?)

それにしてもリラックマにリラックスどころか10代の青春を思い起こさせる効能があるとは思わなかった。
また頑張ろう。
b0032062_0585884.jpg

[PR]
by kzo10. | 2005-05-03 23:27 | 日 - 日々の出来事 -