ブログトップ

詩客 ~僕の詩一つ、地球に殴り書き~

kzo10.exblog.jp

<   2005年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

エンポエ修行中!005「なつなきぶん」






なつ
つながりたいけど
つなわたれない
なつ
[PR]
by kzo10. | 2005-06-27 00:48 | 言葉の魔法☆エンポエ

「さんまが焼けた秋の空」 -2005.6.26-

相模舞台同盟

ココロ引越屋シリーズ

「さんまが焼けた秋の空」

作・演出  實方誠一郎

2005 6・26 SUN
横浜STスポット

19:00~       
ノースカロライナ編


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


全体を通してまず言える事は様々な角度から笑わせられたということ。
全ネタどっかんどっかんというわけではなく、かなりの寒さも織り交ぜながら爆笑と苦笑いが微妙なバランスでやってくる。

シャッフルキャストの影響でだいぶ全キャストかみまくり。
ラストなので疲れてないかなと心配するが全員凄まじいテンションをぶつけているのはひしひしと伝わる芝居だった。

話は非常にわかりやすいので台詞の一つや二つ跳んでも全然問題無しかもしれない。1と2を見ている人ならもしかしたら音声なしでもストーリーはわかる勢いだ。

回想シーン・巨大ロボ対決では惑星ピスタチオを思い出させるマルチズームを駆使した肉体パフォーマンス演技が見れて懐かしさを覚えた。今回は5人の戦士がそれぞれ同画面1コマの窓で演技をしていたが、かの腹筋善之助氏は1人で様々な画面構成を駆使して戦隊5人全てを見事なまでに演じきっていた。今でもあの演技は強烈なインパクトで脳裏に焼きついている。確かシアターアプルで観た飛龍小学校パワード。これが演劇なのか!と初めて観たときはその肉体パフォーマンスぶりに大笑いと感動を覚えたものだった。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


個人的身内感想之事



マスク・ド・ニャー/岩本真広(イワッチ)



前半は出てくるだけで笑いが取れるおいしい役どころ。
そして後半、海草(回想)となってゆらゆら大活躍。
ちょくちょく出てたの意味あったんだニャー。

呪いのマスクで狂ってしまったかのような動きは思いっきり自分だけの世界で楽しんでるように見えたのは私だけだろか?



博士/茂原純子(ノラ)



この芝居を観にいく際、ノースカロライナとカリフォルニアはどっちの役が面白いの?
という私の問いに長く出てるのはノースだけど面白いなら、カリフォーニアかな~。といったモハジュン。
まあ間違ってはいなかった。
でも引越し屋を観たことがある私に何故更紗の方で観てもらおうと思わなかったのか謎である。
一度遅刻で地蔵純子を見逃した私にお茶の水純子を観てもらおうというお茶目な芸人心がそうさせたのであろう。
そう思うことにする。

もはやメンバーの中でも最年長?に近くベテランといえる彼女。
シャッフルの影響かはたまた周りの若々しいテンションのおかげかかなりてんぱった感のあるところで演技してるのを観れて面白かった。

普段を知る身内の楽しみ方かもだけど・・・。
更紗の方はまあ慣れた部分もあると考えれば、こちらを観て正解だったかも。

茂原さんらしい経験ある安定した演技も重要なことだが、このスピード感の中、地の部分も出してしまいつつなんとか芝居をまとめ上げようとする葛藤の中での演技はなんか新鮮だったかも。
なんともいえない笑いオーラを醸し出している大佐役・小熊さんとのコンビ。
新しいものが観れたです。



エイハブ/松野昌代(れんきちさん)



「拝啓、お久しぶりです。お元気ですか?」以来、二ヶ月ぶり(短っ)に観るれんきちさん。
芝居の方向性としては真逆に位置するようなこのお芝居。
黒塗りトレーラー運ちゃんとして登場とは意表を突かれました。
入りがおいしかった~。オンリーユーにはやられた。

「腹はここっ!頭はここっ!」の力強さ、さすがです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


今回は高校時代の仲間4人で観劇。
ハト、こまくん、西ちゃん、俺。

なんとも珍しい組み合わせ・・・。
ハトとは8ヶ月ぶりくらいだった。
3人ともかなり楽しんでもらえたようでよかったよかった。

西ちゃんは遅れてきて立ち見だったが客席右奥で待機役者の声や息遣いを聴きながらの観劇という貴重なポジションでまた違う楽しみがあったようでした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by kzo10. | 2005-06-26 23:59 | 日 - 日々の出来事 -

ミュージックバトン♪


リラックマの絆で繋がるブログ仲間・mikiさんから頂いたミュージックバトン♪
このリレーのアンカーは俺だ!(んな勝手な・・・)


1.PCに入っている音楽ファイルの容量。


4.19 GB。


まじで!
PC内だけでこれ・・・。
恐ろしくて外付けは立ち上げないでおいた。
でもまだDVD一枚に焼けるもんね!(なんのこっちゃ)



2.最後に買ったCD。


「僕のポケットは星でいっぱい」
演劇集団キャラメルボックスの観劇時に買いました。
ZABADAK,やっぱいいです♪



3.今聴いている曲。


「僕のポケットは星でいっぱい」
「カシオピイア」
「Run Around」
流れ上こうなってしまうとです。



4.良く聴く曲、思い入れのある曲。5曲。



Ⅰ.「宝石」タテタカコ

  横浜のモアーズタワレコで試聴して泣きそうになった一曲。
  その後映画「誰も知らない」を観るにいたり、さらに心に染み入る一曲に。
  過去ブログ記事♪



Ⅱ.「戦え!エキゾチック・マン」松本人志

  二曲目は笑いを持ってきました。知ってる人いるかな~。
  折りの効果音が最高です。マミーは誰が歌ってるんだろう?
  一人っ子で鍵っ子で塾に通う寂しがり屋なエキゾチック・マン。
  アコギ団の侵略を今日も止めています?
  


Ⅲ.「きみのこえ」???
   (正式に公表されてませんが、ぶっちゃけると川嶋あいさん)
  
  新海誠作品の映画「雲のむこう、約束の場所」主題歌。
  詳細はこちら~♪



Ⅳ.「夢芝居」梅沢富美男

  父のカラオケ十八番。私もよく歌うわけです。
  これ歌うとカラオケ来たな~と思うわけです。
  自分に酔う為の歌? 恋はい~つでもぉ~♪



Ⅴ.「濡れひよこ」槙原敬之

  腕時計兼MP3プレーヤー内に6月25日現在ある曲で一番のお気に入り。
  なんか安らげて少し笑えて、でも切なくてそれでいて元気出る歌なのです。





まだまだ紹介したいな~。
自分で自分にバトンしちゃ駄目かな?
[PR]
by kzo10. | 2005-06-25 01:15 | 和 - 様々な文です -

日本vsブラジル ☆2006への試金石☆

こういう試合が観れるとは・・・。
着実にいいチームになっている手応えを感じる。
特に俊輔に思い入れの激しい私としては2004-2005シーズンを締めくくる最高の試合でした。

ブラジルはやはりブラジル!
強い。
決勝Tには進めなかったけどブラジルに負けなかったというのは大きいと思う。

まだこれからチームとして進化の可能性を感じる戦いでした。
b0032062_6424291.jpg

[PR]
by kzo10. | 2005-06-23 06:43 | 日 - 日々の出来事 -

日本vsギリシャ 2006への一歩「星の覇者」


欧州にそびえ立つ
白き大理石の柱を縫い
ジパング黄金の左足が
大きな黒点に正確なパットを決める

閃きを感じた新星は転がりながら
夢の宝石を柱ごとエーゲ海に沈める

青き英雄たちは吼え
率いる神がその両拳を突き上げる

世界の杯を争う地で迎える
地球最強の蹴球王国への挑戦

この星を制覇するビジョン
垣間見る刻へ・・・





2005.6.19 ドイツ・フランクフルト

日本vsギリシャ 1:0  得点者 大黒(76分)
[PR]
by kzo10. | 2005-06-20 23:05 | コラボレー詩☆

エンポエ修行中!004「セットプレー」






恋の決定力が足りなくて
ネットを揺さぶるゴールが出来ない
流れの中で決められないなら
セットプレーも大事になってくる
[PR]
by kzo10. | 2005-06-19 15:15 | 言葉の魔法☆エンポエ

エンポエ修行中!003「予選」






ときメキシコ踏む
ぎりギリシャ定距離
ブラッと豚ジル飲んでみる
混んでるフェアはどいつのせいだ?
[PR]
by kzo10. | 2005-06-18 07:41 | 言葉の魔法☆エンポエ

エンポエ修行中!002「嗚呼」







天空も我と共に泣き崩れ
暗雲の睫毛が艶っぽく濡れていく
天地をひび割る嗚呼が
少年の尖り始めた喉から地鳴り狂う
[PR]
by kzo10. | 2005-06-16 00:45 | 言葉の魔法☆エンポエ

エンポエ修行中!001「カラータイマー」







今日はカラータイマーが赤くならない日
[PR]
by kzo10. | 2005-06-15 00:28 | 言葉の魔法☆エンポエ

コラボーレー詩『広くて素敵な宇宙じゃないか』


いつも優しく
いまも優しく
笑って話すおばあちゃん
元気に喋るおばあちゃん

僕が家に帰ってくるだけで「よかった」っていうおばあちゃん

「みんなといるだけで楽しい」っていうおばあちゃん

曇りのない100%の暖かさで
僕らを包んでくれる
宇宙より広い
その無条件の大きな愛を
なんでこれまで当たり前に思ってたんだろう

おばあちゃんの微笑みは
どこまでも飛んで来て
僕の心を今も柔らかくする

そうなんだ
僕は生まれた瞬間に
こんなに微笑でくれる心をもらっていたのに
それを忘れ
あくせくした毎日を通り過ぎてしまう

おばあちゃん
ありがとう

おばあちゃんに会えて
ほんとよかった

何とはまだはっきり言えないけど
何かを思い出したんだ
動かし始めたんだ

いつも

ありがとう
[PR]
by kzo10. | 2005-06-13 00:45 | コラボレー詩☆